婚活サイトで出会った男性Cさん~その6

直接会ってから、1週間でCさんの家に遊びに行き、お泊りし、新築の家を見に行く約束をしたお話の続きです。
前回は新築のお家に向かう道中の『ガッカリエピソード編』でした。

今回は『新居訪問編』です。

道中Cさんの行動にかなりガッカリしたものの、無事お家に到着。

※お家はイメージです。


2階建てのよくある建売住宅ですが、車1台止められそうな駐車場もあって、良い感じです。
当たり前ですが、新築なのでピッカピカ!
キッチンも広くて綺麗。トイレも未使用。
家具もカーテンも何も無い状態です。

Cさんが家の中を案内しながら、「この部屋にはあれを置いて、あっちの部屋にはあれを置いて」と家具の配置のプランも色々と教えてくれました。
こういうのは普通に楽しかったです。
でもこれ、3回目に会った時のやり取りですからね。
勢いがもう、凄いです。
お互いをもう少しちゃんと知って、好きな気持ちが大きくなっていれば、もっと楽しい時間だったんだろうな、と思います。

この日はガス屋さんが開栓に来るとの事で、来るまで途中のスーパーで買って来たパンやおにぎりを食べてのんびりしました。
道中のモヤモヤがまだ残っていた私は、ここでCさんに気持ちを伝えてみました。

・モヤモヤその①『道端にツバを吐く件』
私「道端でツバを吐くのは、みっともないから止めて欲しい」
Cさん「痰が出やすい体質だからしょうがない」
私「でも仕事中とかは出さないよね?」
Cさん「そういう時は我慢してる。でも出せる時は出すよ」
私心の声『こりゃ、止める気ねぇな…(-_-)』

・モヤモヤその②『歩いている時、私を置いて先に行った件』
私「歩いている時、先に行ってしまって一緒にいる意味が分からなくて嫌だった」
Cさん「会ったばっかりで何を話して良いか分からなくなって、気まずいから別々で歩いた方が良いと思った」
私「結婚したいとか言ってるのにおかしいでしょ。会ったばっかりだから、色々話してお互いの事知らないといけないのに、避けてたらダメでしょ」
Cさん「そうだね。頑張るよ」
私心の声『言わなきゃ分からないのかよ。先が思いやられるな…(-_-)』

というか、一緒に歩くのが嫌な人間と結婚したいと思わないですよ。普通。
私が思うに、Cさんは私じゃなくても誰でも良くて、『結婚と結婚したい』人なんだと思いました。

その後は雑談をし、ガス屋さんの開栓が終わった後はちゃんと一緒に並んで歩いて帰りました。

Cさんとの関係に嫌な予感しかしない1日でした。

次回『突然の転職編』へ続きます。