出会い系サイトで出会った男性その⑧Jさん

※イラスト、イニシャルは事実とは異なります

Jさんはサイト内でメッセージを交換してみてとても紳士的で、やりとりも普通に楽しい方でした。
2週間程メッセージのやりとりをした後、「会ってお茶でもしましょう」という流れになり、会う事に。

会ってみると、メールで受けた印象よりも大人な雰囲気で、会社の役職に就いていそうな、きちんとした感じの方です。
その日は夕方からの待ち合わせだったので、夕食を食べる事になっていたのですが、お店も美味しい所を探して予約もしてくれていて、エスコートも完璧。
会話の内容も大人で、お仕事の話や趣味の話をして楽しく過ごせました。

お会計の時に半分払おうとすると「お代は○○ちゃんの笑顔を貰ったからいらないよ」と言われ、心の中で『ドラマみたいだなっw』と突っ込んでしまいましたが、そういうの嫌いじゃないですw
年齢は結構年上の方でしたが、また話してみたいと思える方でした。

その後もメッセージのやりとりを続け、2週間後再度会う事に。この時はJさんの提案でネットカフェに行きました。
すると、室内に入って5分も経たない内に、Jさんは私の手や足を触り始めたので、「ダメですよ~(^-^;」と軽く笑いながらかわしていたのですが、Jさんは止まるどころかどんどんエスカレート。胸を触るわ、キスもするわ、グイグイ来すぎて前回とのギャップに驚きました。

まだ会うのが2回目だったので、そこまで気持ちが盛り上がってないし、そんなつもりで行っていなかったので、トイレに行って一旦回避。
部屋に戻ってからはそういう空気になりそうになったら「飲み物を取りに行く」とか、「本を持って来る」とか部屋を出入りしたのですが、それでも触って来るので「そういうつもりは無いから帰る」と言って帰り仕度をしたらやっと止めてくれました。
その日はネットカフェを出た後夕食をおごって頂き、解散となりました。

基本は良い人っぽかったのですが、ネットカフェに行った後の夕食の時に、
「他にもご飯を一緒に食べるだけの女性が何人かいるけど、その中で○○ちゃんが一番良い」
「○○ちゃんにもっと触りたい」
「今度はホテルに行きたい」
等とJさんから言われ、ただの女たらしかよ。と思って一気に冷めました。

何人もいるんだから、女性の扱いというか、エスコートの仕方を心得てるわけだ、と思いました。どうせみんなに同じセリフを言ってるだろうし。

Jさんは結婚願望も無いようでしたし、女性とは会って楽しく過ごせればそれだけで良いのだと思います。
結果遊びたいだけ。です。

カラオケボックスでもネットカフェでも、密室に行くのは自分の気持ちが動いた人だけにしよう。と思いました。