一度きりの人生だから、自分を大切にしよう

私の離婚の理由

元夫はイライラすると物に当たるのは日常茶飯事、私にも掴みかかってきたり、揚げ物をしている最中なのにガス台を蹴っ飛ばしてきたり、怒りが治まらないと2時間、3時間と延々と説教をする、なかなかのDV、モラハラ夫でした。
そんな日々に次第に自分の気持ちが壊れて行くのを感じていました。家に帰るよりも、仕事をしている方が気が休まる程に、私にとって家は恐怖の空間になっていたのです。そんな人生、ずっと続ける意味はあるでしょうか?ないですよね。
DVの翌日、夫は必ず「ごめん」「やりすぎた」「もうしない」などとと言っていました。このセリフも聞き飽きて、ただの口先だけのセリフに信用はゼロです。もう夫の行動は治らない。私の気持ちも治らない。5年間の我慢は限界に達し、もはや修復は不能でした。

離婚は新しい自分への旅立ち

離婚はマイナスイメージがあるかもしれませんが、未来の自分の為に、自分を取り戻すために、時には正しい選択であると思います。特に女性は腕力では男性には勝てません。誰にも助けを求められない事もあります。それなら、自分を守って、自分を助けられるのは、自分しかいないと思うんです。夫は別れたくないと泣いていましたが、もう、私の気持ちは粉々で、無理でした。
もし、同じようにDVで悩んでいる人がいるのなら、自分の人生を楽しく生きる為に、選択は早い方が良い。と言い切れます。

あとがき

結婚していた頃、悪い思い出ばかりではありませんでした。DVの後は必ず優しくなるので。まあ、DVあるあるなのでしょう(^-^;
関東に来たのも元夫の仕事の関係なので、関東での様々な出会いも、元夫との出会いがあればこそなのです。そう考えると人生には無駄な事は無いのかもしれない、と思えます。
これからの先の人生は、楽しむ為に、成長する為に、思う存分使おうと思います。楽しい方を選択する人生。幸せな方を選択する人生。を送りたいです。と言う事で、婚活…いや、まずは恋活?頑張ります(^_^)