結果はズバリ!惨敗でした…(T_T)

人前で演奏する事自体、10数年ぶりで、緊張しすぎてめちゃくちゃでした。
指は震えるし、息もうまく入れられないし、そんなだからピッチももちろん安定しないしで、聴かせられたものではありませんでした。
うまく息が入っていないせいか、音も飛びまくって、もうボロボロ…穴があったら入りたいです(-_-)

緊張はしてるのに頭の中は妙に冷静に自分の演奏を分析したりしていて、酷い演奏を自覚しているだけに、演奏中なのにテンションが下がってしまって余計にダメになりました。

練習ではもっと吹けていたのですが、本番で吹けなきゃ意味無いですよね。全然納得のいく演奏ではありませんでしたが、それでも吹き終わると皆さん暖かい拍手を送って下さいました。本当ありがたいです。
他の方達もやっぱりみなさん緊張している様子で、一生懸命演奏している様子が伝わって来て、緊張しているのはみんな一緒なんだな、と思うと少し気持ちが少し楽になりましたが、自分の演奏の事を思いだすと恥ずかしくて封印したくなります。黒歴史です(>_<)

もっと人前でも緊張しないで吹けるようにならないと発表会どころではないな、と思いました。

あと、今回初めて発表会に出たわけですが、演奏前の音出しがほとんど出来なかったので、せめてもう少し音出しさせて欲しかったな、と思いました。ろくに音だしもしないでいきなり吹いたので、出だしの音でいきなりピッチがずれていてのっけからダメダメでした。やっぱり音だしは重要です。
高校の頃、コンクールの時とか音出しどうしてたかな…。昔の事過ぎて思い出せない…。
なんだかモヤモヤと課題の残る発表会になってしまいました(-_-)