客観的に自分を観察する為にしたい事

まずは今の自分を知る事で、目標までどの位の期間で何をするべきか、設定する事が出来ます。ぼんやりと「痩せたい」だけでは、スタートラインに立ってすらいません。

開始時の自分のスペックをまとめよう

私がダイエットを始めた時は、158cm、78キロ。文句なしのデブでした。私の身長の標準体重は54キロなので、もう少し引き締めて「52キロ」が私の目標になりました。そして、短期間で減らし過ぎるとリバウンドしてしまうと聞いていたので、体重は月1~2キロ減を目標にしました。この数字を見て、無理だと思いますか?そんな事ありませんよね。そう、大丈夫です。誰でもできます。月1キロでも、1年にすると12キロ減です。「継続は力なり」目標体重を達成出来たあかつきには、まさにこの言葉の意味を実感するはずです。

全身の写る鏡で自分の写真を撮ろう

写真は真実を映します。普段は見ないようにしている自分の贅肉もきっちり写ります。なので、テレビのダイエット企画もののような服装(スポブラ、スパッツみたいな感じ)で写真を撮って残しましょう。ダイエットを続けていくと、明らかに引き締まって行く自分の写真を見返す事も出来て、モチベーションの維持につながります。
写真だと太っている自分を客観視できるので、多少ショックは受けるかもしれませんが、現実は現実として受け止める事がまずは必要です。

普段の生活の見直し

ダイエットは難しく考える必要は全くなく、単純な話「摂取カロリー<消費カロリー」の図式が成立すれば痩せられます。少しの我慢と少しの頑張りで、この法則に当てはまる生活に近づければいいのです。

▼改善するべき悪習慣 ・日常的なお菓子の買い食い
・就寝前の飲食
・運動を今日はいいやと諦める
・どんなダイエットも効果が無いと思い込んで1ヶ月もたずにやめてしまう
・すぐエスカレーターを使う
・だらだら歩く
・姿勢が悪い
・野菜を食べない
・極端な食事制限の末のリバウンド

▼今すぐできるお手軽ダイエット ・朝一杯の水を飲む
・通勤時間など気が付いた時に、腹筋などに力を入れる
・テレビを観ながらヒンズースクワット
・部屋の掃除をこまめにする
・家事をしながら足上げ
・お昼以降の間食はしない
・夕食は19時までに終わらせる

上記以外にもダイエットをしたいなら気を付けたい事は山ほどあると思いますが、要は、痩せないのは自分に甘いからです。「今日はいいや」「明日から」「その気になれば痩せられる」こんな意識は全部、今すぐ捨てて下さい。ダイエットは自分との闘いです。甘やかした結果が今の自分なんです。自分が痩せる為にどんな運動なら継続して出来るかを考えたり、お菓子の買い食いは週に一度までと決めたり、何でも良いので、継続して出来る事を始めましょう。月にマイナス1キロで良いのですから、簡単なはずです。

最低限、体重は毎日測ろう

私はろくに体重を測っていなかったので、体脂肪測定機能付きの体重計を購入しました。そして体重管理のアプリで体重を記録し続けたわけですが、右肩下がりの体重グラフはとっても気持ちが良いです( *´艸`)体は自分の努力を裏切りません!目先の数字に一喜一憂するのではなく、長期的に見て痩せられればそれで良いではないですか。
1ヶ月マイナス10キロとか時々目にしますが、私にはハードルが高いです。よっぽどストイックな人なら良いのかもしれません。でも1ヶ月でマイナス10キロを達成できたとして、我慢した結果に満足し、またすぐに痩せれば良いんだから、と結局暴飲暴食してリバウンドしたのでは意味がありませんよね。ダイエットに成功した後も太りにくい体でなければ意味がないのです。

あとがき

「そんなに太ってないよ」「全然大丈夫だよ」などといった、周りの言葉は信用してはいけません。デブはデブです。(ぶっちゃけ私も人に「デブだね」なんて言えないです)
まずは毎日の体重測定を習慣づけて、自分が毎日続けられそうな事を一つずつこなして行けばいいのです。そうして続ける内に小さな達成感を得られ、自信が出てきます。そしたらもう少し負荷を増やそう、あと10分歩いてみよう。と出来る事を増やしてみると、さらにダイエットの効果は高くなります。
いきなり継続できもしないきついダイエットを始めるよりも、あせらず、少しずつ、自分のペースで理想の体重を目指しましょう。何事も継続が大切です。