爪を伸ばす為に、爪に愛情を注ごう

私が爪を噛まなくなって、1か月半ほど経ちました。もう噛まずにいられそうです。今回は爪を伸ばし始めたきっかけと、伸び始めた爪を噛まずにいられた方法を紹介します。試すだけならタダなので、ぜひお試しください(^_^)
今はこんな感じです。長年爪を噛んでいたので見る人が見れば明らかと思いますが、イエローラインはかなり下がってます(^_^;)

爪に願いを。願掛けしてみよう

今回私が爪を噛まなくなったきっかけは、願い事を爪伸ばしに込めて願掛けしてみたのです。「噛まずにいられたら○○が叶う!」みたいに。私の場合は『恋がうまくいきますように!』って願掛けしてみましたが…まだ叶ってません!(ノД`)・゜・。(乙女かよ!って突っ込みたいところですが、私はそういう単純バカですw)
叶えたい願いが強い程、爪噛みの克服はしやすいかもしれません(^^)
というか、私の場合は願掛けの内容がどうでも良くなる頃には爪が伸びてましたw
なんにせよ、願掛けはある程度まで伸ばすきっかけにはちょうど良いと思います。

伸び始めたら爪を磨こう


爪噛みさんにとって一番つらい時期、それは伸び始め1~2mmの頃ではないでしょうか。うっかりしてると噛んでしまうんですよね。
そこで私は爪が伸びて来た頃、100均で何か良いものは無いか物色し、みつけたのが3面爪磨きです。3面でステップ①~③のやつです。①の荒い面で削って、②でならして、③でピカピカにします。使ってみたら結構ピカピカになり、100円でこのクオリティなら十分と感じました。
そして、ピカピカになった爪に愛着が湧き、時間をかけて磨きあげたのでもったいなくて噛む気にならなくなりました

あとがき

過去にマニキュアで爪を保とうとした事がありましたが、マニキュアだと剥がれてくるし、剥がした後に爪がカサカサしている感じがしました。それに簡単に塗ったり剥がしたり出来る分、付加価値も薄いです。比べて爪を磨く場合は、割と長い期間はピカピカでいてくれるし、時間を掛けている分付加価値が上がって、より噛まなくなると感じます。
投資したものが大きいほど、人はそれを大切にするものだと思います。伸ばす第一歩として、爪に時間と愛情を投資してみましょう。